読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

戦車の中から

趣味や思ったことをうだうだと

成人式、そして

当時からだいぶ経ってしまいましたが1月10日のこの日、遂に成人式を迎えることになりました。

昨年までなかなか成人になる実感を掴めなかったのですが、やっぱり成人になってもその実感を掴むことが出来ませんでした(成人の日をちゃんと知ったのも今年になってから)。まあ、そういうのは追々掴んでいくとして。

正直、成人式は市長の話をうだうだ聞いて終わりだろうな程度に思っていてあまり期待して無かったのですが、行ってみてまず吃驚。あまりの人数の多さに思わず驚きました。この街にこんなに同学年がいるなんて、派手なのから地味なのまで観察しがいがありそうな人だかりでした。

とりあえず、昔懐かしい中学の友人らに会いに行こうと人だかりに突貫したのですが、人が多すぎるのと年月が経ちすぎて見た目が変わっていたのもあって、結局成人式開始までに会えたのは、今在学してる学校での友人数人だけで中学の友人らとは会うことはありませんでした。女性なんか特に化粧などをしていて殆ど原型が無いですからね。

成人式の中身なのですがどうやら今年の担当が在学している学校らしく身内ネタがところどころにあって高専のクラスメートとその度に笑ってました。
あと、駒沢大学付属高校吹奏楽部の演奏もあったのですが音一つ一つに迫力があって非常にいい演奏でした。

このあと、同窓会までクラスメートらと適当に時間を潰していた訳ですが、スーツと革靴ってかなり疲れますね。お陰でしばらく首の擦り傷と足の痛みが収まりませんでした。

そして、同窓会。一次会は居酒屋で担任と中学のクラスメートとで飲んだり食べたり、久々にあった時に変貌ぶりに驚かされたアイツも中身はあの頃のまま、とても懐かしい時間でした。この後、クラスメートのみで二次会のカラオケでAM4:00くらいまでどんちゃん騒ぎしてました。締のラーメンは美味しかったです。
確か、
ビール×4
サワー×15
ぐらいは飲んでたはずです。酔いつぶれず意識もハッキリしてましたが。

同窓会解散後、酔っ払った人を介抱しつつ見送り、自分もタクシーで自宅に帰り、重たいスーツを脱ぎ捨て、暖かい布団に包まり、今日の思い出に浸りながら寝る。こうして、成人式が終わったのであった。





とは、ならないんだよなあ...
次回「そして、ガルパン
お楽しみに